<< 3月22日 | main | 4月1日 >>
手を使わずに靴下を足だけで脱ぐ時は
上のゴムの部分を足の指でつまんでから引き下げて脱ぐ場合と、
つま先の部分をもう一方の足で踏んでおいて、
踏まれた方の足を持ち上げてスポーンと脱ぐ場合がある。

今日はつま先を踏むタイプの脱ぎ方をしました。
ところがつま先を踏んでから足をいくら高く持ち上げても
靴下が伸びるばかりで、いっこうに脱げないのです。
すごい伸縮性のある靴下だったのだ。驚きだよね。

これと似たような経験があります。
散歩中に道端で葉っぱを一枚ちぎろうと思って引っぱったら、
葉っぱがちぎれないで、予想外に木の枝全体がグワッとこちらに
せまってきて怖かったという。

驚きの伸縮性があるということ、忘れないでいたい。
コメント
驚きの伸縮性と器械体操の理論で
すね!
かしこまりッ( ̄∇ ̄)ゞ
| ぶどわ | 2012/03/29 7:06 AM |
おもしろすぐる(*^o^*)
| や | 2012/03/29 11:17 AM |
四歳の息子も同じつま先を押さえた
脱ぎ方をしてますよー素材もあるかもしれないけど
男の子ってズバリ面倒くさがりでしょう
という私も両手をどちらでまも使える訓練を地味にやって今日ふと、ハミガキをしてる時に頭もかすかに振りながら左手をサポートしているのに気がつきました。もうちょっとのとこれはに来ている!
なにもこれといった目標はないんですけど。
頭が動いていたに気づいた時は笑ってしまっいました。
| amamtaike | 2012/04/27 9:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://memo.100orange.net/trackback/34
トラックバック